震災で見直されたウォーターサーバー

自宅にウォーターサーバーを設置することは、手軽に美味しい水を冷えた状態で使用できるとてもメリットの高い方法です。

 

温かいコーヒーを作りたい時にも、インスタントコーヒーをカップに入れ、ウォーターサーバーのレバーを倒すだけで、数十秒で温かいコーヒーが完成します。

 

このようなウォーターサーバーのメリットは、毎日使用していると実感してくるのですが、更なるメリットは災害が起きた時です。

 

ライフラインが寸断されるようになると、ガスや電気、水道もストップしてしまいます。

 

そうなってくると問題なのは水です。

 

最低限飲み水が確保できないと、数日しか生きられない状態になるため、電気を確保する前に飲み水のキープが最優先となるのです。

 

実際に震災があった際に、ウォーターサーバーを設置している家庭においては、一ヶ月以内に使い切る分だけですが飲み水を大きなボトルで確保出来ている状態となります。

 

その為、第一の問題である飲み水をクリアすることができたのです。

 

これは、震災があってから気がつく部分となりますが、今後の震災の可能性を考慮していくと、どの地域に住んでいても飲み水を備蓄していく考え方は必要なはずです。

 

このようなメリットもあるため、ウォーターサーバーも常時設置する事に前向きな人が増えてきています。

 

ストックのボトルを入れておく所が重要なウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーで驚くのはボトルの大きさにあります。

 

多くの所ではボトル一つずつの配送ではないので、一度に何個もボトルが送られてくる形となっています。

 

そのためにボトルは差し込んでおくもの以外を部屋の片隅に置いておくようにしなくてはいけないのです。

 

しかし何個もあると置けないようなことがあったり、重すぎるために場所は考えなければいけなくなります。

 

ウォーターサーバーのボトルのストックの置き場所がない時には、机型の収納ケースなどを作っておいたりすることで、通常は机として使うことが出来るので実生活でも作業などをすることが出来ます。

 

そして一つが空になったらそこから取り出して付けるといったことが出来るので、空間を活用することが出来ます。

 

これの良い所は机型の収納ケースですので暗所となるので、置いておく所としては完璧であることが多いのです。

 

しかし重さがあるので頻繁に移動するものでは適さないので、あまり移動させないようなものにしておけばガッシリした形で使えるので落ち着いて作業が出来ます。

 

ウォーターサーバーはストックのボトル入れを上手く作ることが、少ないスペースであってもボトルを何個も保管が出来るようになります。