ウォーターサーバーを選ぶ決め手もカスタマーセンター?

ウォーターサーバーだけではなく、なにを利用するにしてもそうなのですが、カスタマーセンターって何気に重要なものですよ。

 

まあ、呼び方はその会社それぞれであり、カスタマーセンターとはお客様窓口のことなのですが。

 

そして、カスタマーセンターのスタッフの態度の善し悪しで、その会社の印象は大きく変わるというものでしょう。

 

いや、正確に言うのでしたら、カスタマーセンターの善し悪しは実際に商品ないしサービスを利用し始めてからわかるというものでしょうか。

 

ウォーターサーバーにしても、契約をするまでは対面での話で、社員さんも愛想がよくて親切でうまくやれていたと思っていたのですが、しかしいざ契約をして使い始めてみて、そしてウォーターサーバーのカスタマーセンターに不具合を問い合わせたときに、なんだかものすごく感じの悪いスタッフに当たった…ということがありましたので。

 

もうそれだけで、そこの会社のウォーターサーバーを使いたくはなくなりますよね。

 

対応の悪いスタッフにも、自分が利用したウォーターサーバーの料金から給料が支払われているかと思いますと、それはもう利用したくもなくなるというものでしょう。

 

そしてだからこそ、イヤな思いをしなくてもいいように、ウォーターサーバーにしても、お客様窓口の対応の善し悪しは契約前に確認してみるのが良いでしょう。

 

電話一本でも済みますので。

 

手間をかけないウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーを利用していると、企業によって様々なサービスの違いが分かるようになります。

 

特に重要なのは空のボトルを回収するサービスを利用している場合です。

 

配送業者に依頼して配達するのであれば、送り状などを記載してパッケージングする必要があるため手間がかかってしまいます。

 

その為、ウォーターサーバーの業者が直接取りに来るのですが、その際には在宅しておく必要があります。

 

運送業者に依頼する場合などは、こちらの都合で発送することが出来たり、荷物を受け取る場合にも不在の場合には再配達の手続きが出来たりします。

 

このような配達の融通が利かないところが、空のボトルを回収するサービスのデメリットとなります。

 

その為、使い捨てのパックにて水を配送してくれる業者の場合、ボトル回収について考慮しなくて良いのでかなり楽なのです。

 

長期的に使用していると、生活においてウォーターサーバーの都合を考慮する必要があるため、そのあたりのデメリットを取り除く為にRO水タイプを選ぶのも良い選択となるはずです。

 

最初の段階で、水を味わって美味しい水がどちらであるか選ぶ事になりますが、このような使用していて手間になってしまう部分を幾つも確認していけば、最適なウォーターサーバーが分かってきます。